控えることができる

直ぐに得点は無くなるのですが、2番バッターにランナー無しで控えることができるわけで、さほど大したことない。
それよりも、フォアボールとかで附属素性にされるほうが恐ろしいでしょうね。盗塁もあるわけですからね。
40誌ぐらいホームランを打つバッターを迎えるシーンって、いかにして、効率よく得点をするか?ということが重要で、1個々いや2個々、満塁ならば、押し出しのフォアボールも出したくはないから、最高ですが、ホームランで1会社のだが、ツーラン。スリーランということになったら、いっぺんに山積み会社になりますから、どんなにこのシュツエーションをつくって出向くかそれが貴重かと思っています。
これがナンバーワンであると、第一歩は当たり前ですけれども、先端バッターになるわけです。ホームランを打っても1会社。たしかに先制点はほしいけれどもね。1会社くらいは大したことはないだ。ネックは、2会社、3会社といった山積み会社になるかならないか、ナンバーワンだとね。ここ